ISSN 2189-1621

 

DHM 081 【前編】

2011-08-27創刊                       ISSN 2189-1621

人文情報学月報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Digital Humanities Monthly

             2018-04-30発行 No.081 第81号【前編】 735部発行

_____________________________________
 ◇ 目次 ◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【前編】

◇《巻頭言》「デジタルリソースの恒久性の不可能性を前提として」
 (岩崎陽一:名古屋大学大学院人文学研究科)

◇《連載》「Digital Japanese Studies寸見」第36回「『2018 Spring Tokyo Digital History Symposium ツイートまとめ』を読んで」
 (岡田一祐:国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター)

◇《連載》「欧州・中東デジタル・ヒューマニティーズ動向」第1回
 (宮川創:ゲッティンゲン大学)

【後編】

DHM 080 【前編】

2011-08-27創刊                       ISSN 2189-1621

人文情報学月報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Digital Humanities Monthly

             2018-03-31発行 No.080 第80号【前編】 728部発行

_____________________________________
 ◇ 目次 ◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【前編】

◇《巻頭言》「知識ベースの学術情報フローへ向けたIIIFへの期待」
 (西岡千文:京都大学附属図書館研究開発室)

◇《連載》「Digital Japanese Studies寸見」第35回「デジタル空間と公器としてのアーカイブ」
 (岡田一祐:国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター)

【後編】

◇人文情報学イベントカレンダー

DHM 081 【後編】

2011-08-27創刊                       ISSN 2189-1621

人文情報学月報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Digital Humanities Monthly

             2018-04-30発行 No.081 第81号【後編】 735部発行

_____________________________________
 ◇ 目次 ◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【前編】

◇《巻頭言》「デジタルリソースの恒久性の不可能性を前提として」
 (岩崎陽一:名古屋大学大学院人文学研究科)

◇《連載》「Digital Japanese Studies寸見」第36回「『2018 Spring Tokyo Digital History Symposium ツイートまとめ』を読んで」
 (岡田一祐:国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター)

◇《連載》「欧州・中東デジタル・ヒューマニティーズ動向」第1回
 (宮川創:ゲッティンゲン大学)

【後編】

DHM 080 【後編】

2011-08-27創刊                       ISSN 2189-1621

人文情報学月報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Digital Humanities Monthly

             2018-03-31発行 No.080 第80号【後編】 728部発行

_____________________________________
 ◇ 目次 ◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【前編】

◇《巻頭言》「知識ベースの学術情報フローへ向けたIIIFへの期待」
 (西岡千文:京都大学附属図書館研究開発室)

◇《連載》「Digital Japanese Studies寸見」第35回「デジタル空間と公器としてのアーカイブ」
 (岡田一祐:国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター)

【後編】

◇人文情報学イベントカレンダー

最新号を読むには:読者登録

本メールマガジンの最新号は、下記のサイトにて読者登録(無料)をするとメールにて配信されるようになります。
ぜひご登録ください。
http://www.mag2.com/m/0001316391.html

メールマガジンは、配信後1ヶ月ほどで、本Webサイトにその内容が掲載されることになっております。
最新の内容を読まれたい方はぜひご登録をお願いいたします。

なお、最新号を登録制にしている理由は、この分野にどれくらいの人が関心を持っているかを把握するためです。
システムの制約により、登録されたメールアドレスは、当編集部からはわかりませんのでその旨ご了承ください。

人文情報学月報 / Digital Humanities Monthly RSS を購読