ISSN 2189-1621

 

DHM 071 【前編】

2011-08-27創刊                       ISSN 2189-1621

人文情報学月報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Digital Humanities Monthly

             2017-06-29発行 No.071 第71号【前編】 672部発行

_____________________________________
 ◇ 目次 ◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【前編】

◇《巻頭言》日本の文化・学術資源を世界へ発信する-「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための課題解決についての提案」
 (江上敏哲:国際日本文化研究センター図書館)

◇《連載》「Digital Japanese Studies寸見」第27回「そこに橋はあるか?:いまどきのディジタル日本学への入門を考える」
 (岡田一祐:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

【後編】

◇人文情報学イベントカレンダー

DHM 071 【後編】

2011-08-27創刊                       ISSN 2189-1621

人文情報学月報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Digital Humanities Monthly

             2017-06-29発行 No.071 第71号【後編】 672部発行

_____________________________________
 ◇ 目次 ◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【前編】

◇《巻頭言》日本の文化・学術資源を世界へ発信する-「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための課題解決についての提案」
 (江上敏哲:国際日本文化研究センター図書館)

◇《連載》「Digital Japanese Studies寸見」第27回「そこに橋はあるか?:いまどきのディジタル日本学への入門を考える」
 (岡田一祐:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

【後編】

◇人文情報学イベントカレンダー

最新号を読むには:読者登録

本メールマガジンの最新号は、下記のサイトにて読者登録(無料)をするとメールにて配信されるようになります。
ぜひご登録ください。
http://www.mag2.com/m/0001316391.html

メールマガジンは、配信後1ヶ月ほどで、本Webサイトにその内容が掲載されることになっております。
最新の内容を読まれたい方はぜひご登録をお願いいたします。

なお、最新号を登録制にしている理由は、この分野にどれくらいの人が関心を持っているかを把握するためです。
システムの制約により、登録されたメールアドレスは、当編集部からはわかりませんのでその旨ご了承ください。

人文情報学月報 / Digital Humanities Monthly RSS を購読